2014年07月01日

TvRemoteViewer_VB



TvRemoteViewer_VB


チャンネル切り替えを素早く行えるWindows上で再生可能なロケフリを目指して開発。
が、同時4配信でマシンパワー限界でしょぼーん(´・ω・`)

特徴
・複数同時配信(マシンパワー、UDP&HLSアプリの安定度に依存)
・複数の機器からの同時視聴
・複数同時配信によるスムーズなチャンネル切り替え
・インターネット(地デジ)、TvRock(地デジorBS/CS)、EDCB,ptTimer,Tvmaid(地デジ&BS/CS)から
 現在放映中の番組を表示し視聴開始することが可能
・TvRemoteFileを導入することにより本来対応していないWindows上での再生にも対応
・TvRemoteFileを使用することによりニコニコ実況を重ね合わせて表示することが可能(ソフトサブ)
・QSVEnc,NVEncに対応 メリット:負荷大幅減 デメリット:倍速再生不可
・動画ファイル名と同名の字幕assまたはNicoJK環境を用意することによりファイル再生時にニコニコ実況過去ログを
 動画に埋め込むことが可能(ハードサブ)
 ffmpeg.exeが存在するフォルダにfonts\fonts.confを設置する必要があります。配布先
 ※ffmpegのフォルダ構造を配置するフォルダ名は「ffmpeg」等短めにしてください。
 「ffmpeg-20140628-git-4d1fa38-win64-static」のように長いフォルダ名のままですとハードサブが有効になりません

このソフトは、
地デジのロケフリシステムを作るスレに掲載されていたTvRemoteViewerをVBに変換して追加編集したものです。
TvRemoteViewer無しにスムーズな開発は出来なかったでしょう。
作者様ありがとうございます。感謝感謝です。


有志の方が設置から使い方までの詳しい説明ページを作ってくださいました。
導入から活用方法まで詳しく解説されています。
WEBの見た目変更、PCでの再生、ニコニコ実況の表示、設定に便利なツールなど有用な情報が満載です。
モバイルPC等によるロケフリ・テレビの視聴環境を作る


有志の方がアンドロイド用クライアントを作成してくださいました。
HTTP配信による素早いチャンネル切り替えやニコニコ実況にも対応した優れものです。
Androidクライアント LTV 0.04


不具合がありますので、2.13以前のバージョンをお使いの方は最新版へのアップデートを行ってください
通常はTvRemoteViewer_VB.exeのみ上書きするだけでOKです。上書きしたために動作しなくなることはありません
TvRemoteFilesも含めてきちんとアップデートしたい場合はこちらのページに便利なアップデートツールがあります


v2.23 2016/09/28
・mplayer-ISO.exeまたはmplayer.exeがプログラムフォルダにあれば認識するようにした
・mplayer-ISO.exeの同梱中止

ISO再生のための準備
1.解凍後TvRemoteViewer_VB.exeを上書きコピーします
2.「mplayer-svn-35935.7z」というキーワードで検索のうえダウンロードしmplayer.exeをTvRemoteViewer_VB.exeと同じフォルダにコピーします
 (新しすぎるものは日本語ファイル名でバグがあるそうです。mplayer-svn-35935.7zを教えてくださった方ありがとうございます)
3.VLC-2.1.2をダウンロードして適当なフォルダに解凍します(今まで使用してきたものとは別フォルダ)
 http://download.videolan.org/pub/videolan/vlc/2.1.2/
4.TvRemoteViewer_VB.iniにexepath_ISO_VLC=(↑のvlc.exeへのパス)の記述を追加すればOKです

v2.22 2016/09/28
・iniのVideoExtensionsの拡張子指定で大文字小文字の区別を無くした
・iniのStop_NVEnc_at_StartEndが機能していなかったバグを修正
・ISOファイル再生に対応(ネ申に感謝です)
・iniにISO再生に使用するVLCを指定する項目を追加(exepath_ISO_VLC)VLC-2.1.2推奨
・ISOファイル再生に必要な古めのmplayer-ISO.exeを同梱(要プログラムフォルダにコピー)

履歴


安定動作している方はTvRemoteViewer_VB.ini内のUDP2HLS_WAITの値を0にしてみてください。わずかですが配信開始が早くなります(1.78以降)

テスト環境
Windows10 x64
RecTask 1.0.4 2011/09/28 1:39:18 461,312バイト
ffmpeg-20151028-git-dd36749-win32-static.7z
VLC 2.1.0-git Rincewind ‎2012‎/‎01‎/16‎ ‏‎8:35:58 108,032バイト
Spinel使用




HTTP配信PC用クライアント
TvRemoteViewer_VB_client 0.11 2016/06/05
・BonDriverの大文字小文字を保持するようにした(配信開始に失敗していた)

履歴




おまけ

ニコニコ実況の過去ログを取得し字幕ASSファイルを作成するソフト
.ts、.txt、.xmlのドラッグ&ドロップおよびコマンドライン実行に対応

NicoConvAss v1.40 2016/07/25
・iniとコマンドラインオプションでフォント名を指定出来るようにした

NicoConvAss v1.39 2016/07/03
・コマンドライン-jkcg_chnameのチャンネル名比較バグを修正すると共に16進数(0x表記)も可能とした

NicoConvAss v1.38 2016/05/22
・フォーム上で連続してドラッグ&ドロップを行うとおかしくなるバグを修正

履歴





特によくある質問

iOSでパスワードを設定したときに何度も認証を求められる
・解決法1
 TvRemoteViewer.iniのALLOW_IDPASS2HTMLを1に変更してください
・解決法2
 lunascapeというブラウザを使用すると問題無く再生されるそうです

TvRock番組表で地デジもしくはBS/CSの一方しか表示されない
一度ブラウザでTvRockのiphone用番組表、
http://[TvRockが動いているPCのIP]:8969/nobody/iphone?md=2&d=0
にアクセスするとチューナー選択が解除されて地デジ&BS/CSが同時に表示されるようになります
nobodyはTvRockに設定した値により変化します



動かないぞゴルァ! の前に



・Windows7以降のOSでは以下のどちらかの操作が必要です。
起動したとたんに例外エラーで落ちる場合。
【推奨】 管理者としてコマンドプロンプトを実行し、
 netsh http add urlacl url=http://+:40003/ user=XXXXX
と入力します。(XXXXXは実行するユーザー、もしくは Everyone と入力する)
または、TvRemoteViewer_vb.exeを右クリック、
 「プロパティ」→「互換性」→「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェック


・操作はブラウザから行います
スマホやiPadからは
http://[TvRemoteViewer_VBが動作しているPCのIPアドレス]:[TCPポート]/
にアクセスしてください。
例 http://192.168.1.5:40003/
外からアクセスする場合はVPNの使用を強く推奨します。
VPNが使用できない場合はプロバイダから割り当てられたIPを指定し、併せてルーターのポートマッピングでローカルPCを割り当てる必要があります。その場合、フォーム上のIDとパスを必ず設定してください。


・ファイアウォールに注意
スマホ等のブラウザからアクセスすると応答無しになってしまう場合。
TvRemoteViewer_VBを起動しているPCからアクセス(http://127.0.0.1:40003/)するとおkだが、他のPCやスマホ等からアクセス(http://IPアドレス:40003/)すると応答無しになることがあります。
そのようなときはファイアウォールに受信許可をしてあげてください。
Windowsファイアウォールの場合
 参考:http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/open-port-windows-firewall
このページの手順にしたがって受信の規則にTCPの40003を許可するよう設定してください。


・Framework4.5が必要です!
このソフトはVisualStudio2010のVisualBasicで作られています。
Framework4.5のインストールだけで大丈夫らしいですが、Framework4.0、さらにFramework3.5のインストールが必要な場合もあるかもです。
詳しく無いので具体的には説明できませんが・・3.5でも4でも4.5でもなんでもかんでもインスコしてしまえばどうでしょう(無責任)


・このソフトはタスクトレイからスタートします。
起動するとタスクトレイに常駐します。タスクトレイに隠れていないか確認してください。
ダブルクリックすると設定画面が開きます。


・起動に時間がかかりすぎた場合、タスクトレイにアイコンが現れない場合があります
タスクマネージャーでTvRemoteViewer_VB.exeを停止して再起動してあげましょう


・RemoteTestと同時起動する場合はRemoteTestで使用するHTTPポートと重複していないか確認してください。
まずRemoteTestを終了してから起動してみましょう。
RemoteTestとの同時起動を試みる場合はHTTPポート40003を他の数値に変更してみてください。


・初期設定はHLSアプリとしてffmpegを使用することを想定しています
vlcは複数配信時に不安定なのでお勧めしませんが、
HLSアプリにvlcを選択した場合は
HLS_option.txt
の内容を
HLS_option_VLC.txt
の内容に置き換えなければなりません。
(HLS_option_VLC.txtは削除しないでください。)

そのうえでフォーム上の解像度選択を行ってください【重要】
HLSオプションがvlc用のものに切り替わったことを確認してください。


・起動に必要なファイルをきちんと配置しましょう
ffmpegは解凍したままのフォルダ構造で使用しましょう。
また、同梱の「libx264-ipod640.ffpreset」をffmpegのpresetフォルダにコピーするのを忘れないでください。


・なるべく新しいffmpegを使いましょう
当方のテストでは古いffmpegでは複数同時配信時に不安定です。
古すぎるものだとエンコードがスタートしないこともあります。


・BonDriverの場所がRecTask.exeの場所と異なる場合は注意
BonDriver PathにはRecTask.iniに記述されているフォルダを指定しましょう
あるはずのBonDriverが無いということも起こりえます。


・特定の放送局でRecTaskが不安性でHLS再起動が繰り返されてしまう
RecTaskの謎動作です。
UDPオプションやRecTask.ini、RecTask.default.iniの一部を書き換えることで正常動作となる報告がなされています。
解決例:
1.RecTask.iniのLogging.OutputToFileをtrueとしてみる
2.UDP追加オプションに「/log /loglevel 5」を加えてみる
3.RecTask.default.iniの「ネットワーク送信の設定」で、送信一回あたりのパケット数を2500、
  送信一回ごとの間隔を1にしてみる


・vlcを使用する場合は%WWWROOT%は半角スペースの入らないところに設置しましょう
vlcのオプション記述の関係からhtmlを配置するフォルダのパスには半角スペースが入らないほうが無難です。
BS1&BSプレミアム視聴時にvlcへ切り替える設定をしている場合もご注意ください


・(*)印がついた項目を変更した場合はTvRemoteViewer_VB.exeを再起動してください。

設定例
trvv_setting.jpg


Special thanks
・ConnectedSelect.jsはd.hatena.ne.jp/Mars/20071109のスクリプトを使用させて頂きました
・ch_sid.txtはNicoJK&Modのjkch.sh.txtを参照し修正を加えたものです
・CtrlCmdCLI.dllはEDCBに添付されていたものです
各ソフトウェアの作者様誠にありがとうございます。感謝感謝です
そのほかWEB上にVBプログラミング例を掲載してくださっている筆者さん達、ロケフリスレでお世話になった方々にも御礼申し上げます


※TvRemoteViewer_VB等このページに掲載されたソフトを使用して起こった損害について作者は一切の責任を負いません。自己責任で使用出来る方のみお使いください。


posted by vb45wb5b at 00:12| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする